あなたのインターネット・サービス・プロバイダからのTor ネットワークへの直接アクセスは政府によって遮断されるかもしれません。 Tor Browser はこれらのような遮断に対し、回避ツールがいくつか用意されています。これらのツールのことを「Pluggable Transport」といいます。

Pluggable Transportの種類

現在、4 つのPluggable Transportが使用可能で、さらに開発中です。

obfs4 obfs4 は、Tor のトラフィックを Tor ネットワーク外から、ランダムに見えるようにして、検閲者がインターネットスキャンによってブリッジを見つけるのを防ぎます。obfs4 ブリッジは、その前身である obfs3 ブリッジよりも発見、ブロッキングされる可能性が低くなっています。
meek meek トランスポートを使うと、Tor を使わずに主要なサイトを見ているように見せかけることができます。meek-azure を使うと、Microsoft のサイトを使っているように見えます。
Snowflake Snowflakeは、Torを使っているのではなくビデオ通話をしているように見せかけるために、ボランティアが運営するプロキシを経由して接続をルーティングします。
WebTunnel WebTunnelは、ネットワーク監視者からTor接続を隠し、あたかもHTTPS経由でウェブサイトにアクセスしているように見せかけます。

Pluggable Transportを使用する

Pluggable Transportを使用するには、Tor Browser を初めて起動するときに「接続を構成」をクリックします。 「ブリッジ」セクションで 「Tor Browser の内蔵ブリッジから選択する」オプションを見つけ、「内蔵ブリッジを選択」オプションをクリックします。 メニューから、使いたいPluggable Transportを選択してください。

Pluggable Transportを選択し、上へスクロールして「接続」をクリックして設定を保存します。

また、Tor Browser を起動している場合は、ハンバーガーメニュー(≡)の「設定」をクリックし、サイドバーの「接続」をクリックします。 「ブリッジ」セクションで 「Tor Browser の内蔵ブリッジから選択する」オプションを見つけ、「内蔵ブリッジを選択」オプションをクリックします。 メニューから使いたいPluggable Transportをお選びください。 タブを閉じると、設定が自動的に保存されます。

内蔵ブリッジの構成

どのトランスポートを使うべきですか?

Tor ブリッジのメニューにリストされている各トランスポートはそれぞれ異なる方法で動作します。それらの有効性は個々の状況によって異なります。

接続のブロックを初めて回避しようとしている場合は、obfs4、snowflake、meek-azure を試してください。

これらのオプションをすべて試しても、ネットワークに接続できなかった場合は、ブリッジを要求するか、手動でブリッジのアドレスを入力する必要があります。

中国のユーザーは、おそらく非公開のobfs4ブリッジを使って接続する必要があります。 私たちのTelegramボット@GetBridgesBotに連絡し、/bridgesと入力してください。 または、件名に "private bridge cn "と明記の上、frontdesk@torproject.orgまでメールをお送りください。 他の国から接続する場合は、メールの件名に国名または国コードを忘れずに記入してください。

ブリッジの概要と入手方法については、ブリッジ の項目を参照してください。