Tor Browser を起動すると、Tor に接続というウィンドウが表示されます。 直接 Tor ネットワークと接続するか、ユーザーの接続に合わせて Tor Browser を自動的に設定してください。 常に Tor ネットワークに自動接続するかどうかを問うチェックボックスがあるので、その場合はチェックを入れてください。

接続

「接続」をクリックして Tor に接続します

多くの場合、「接続」を選択すれば特段の設定なしに Tor ネットワークと接続できます。

クリックされたら、Tor 接続の進行を表示するステータスバーは現れます。 高速な回線を使用している場合でも上のバーが途中で止まってしまう場合は、「接続アシスト」を試すか、トラブルシューティングページから問題解決のためのヘルプをご覧ください。 あるいは、接続が検閲されていたり、プロキシを使用していることがわかっている場合は、「接続設定」をクリックしてください。

ネットワーク設定を調整するには接続を構成をクリック

接続アシスト

Tor があなたの現在地でブロックされている場合、ブリッジをお試しください。接続アシストから現在地に適切なものを選択することができます。

接続アシストの自動化

接続アシストがお住まいの地域を特定できない場合、または手動で接続を設定する場合は、ドロップダウンメニューからお住まいの地域を選択し、「ブリッジを試す」をクリックしてください。

接続アシストの設定

設定

Tor Browser は設定オプションのお手伝いをします。

接続アシストはインターネット接続の状態とTorネットワークへの接続をお知らせします。

接続テスト完了

接続テスト失敗

最初のチェックボックスは「Quickstart」です。これを選択すると、Tor Browserを開くたびに以前のネットワーク設定を利用して接続できます。

クイックスタート

接続が検閲されていることがわかっている場合、または Tor ネットワークへの接続を試みて失敗し、他の解決策がうまくいかなかった場合は、 Tor Browser でPluggable Transportを使うように構成することができます。 「ブリッジ」は、回避セクションを表示し、Pluggable Transportを設定するか、ブリッジを使って接続します。

Tor ブリッジを構成

その他の設定

接続がプロキシを使用する場合、「設定...」の「Tor Browserがインターネットに接続する方法を設定する」をクリックして設定できます。 ほとんどの場合、これは必要ありません。システム上の他のブラウザーにも同じ設定が使用されるため、通常はこのチェックボックスをオンにする必要があるかどうかがわかります。 可能であれば、ネットワーク管理者に指示を求めてください。 接続にプロキシが不要な場合は、「接続」をクリックしてください。

Tor Browser のプロキシ設定